2012.01.04 Wednesday

今年最初の写真

2012年が始まりました。明けましておめでとうございます。
今年は辰年。龍がごとく、あらゆる事が大きく動いて行く年になりそうです。
どうか私たちが正しい方向へ進めます様に。今年もたくさんの新しい写真が生み出されます様に。

今年最初に行く写真展は、山内悠さんの「夜明け」です。
富士山七合目の山小屋(標高3000メートル)で600日間暮らし、「夜明け」の光景を撮り続けてきた山内さんの作品は、見た事の無い雲の上の世界。2010年に赤々舎から写真集が発売されています。年の初めに写真の力を借りて、地球の大きさとエネルギーを感じたいと思います。

赤々舎HP作家の言葉より抜粋ー
僕は富士山の山小屋で600日間に渡る 雲の上の旅 を続けました。
そこは本当に宇宙と地球の狭間であり、僕たちはこの膨大な宇宙空間の中にある
地球という星で生きているという事を心身で感じました。

そしてもうひとつの写真展は、震災の大きな被害を受けた宮城県山元町での写真洗浄プロジェクトにより助け出され、洗浄された写真の展示です。カメラマンの高橋宗正さんが中心になってこの写真展が企画されました。とどけ隊でも昨年の6、7月にボランティア参加した、日本社会情報学会災害情報支援チームによる「思い出サルベージアルバム・オンライン」。
山元町の現場では大量の写真洗浄・複写という大くくりな状況の中で、皆それぞれ必死に働いていたので、一枚一枚の写真に対して瞬間的に思いを寄せただけだったと思います。10ヶ月たった今、被災して洗浄された写真にちゃんと向き合えるか私は全く自信がありませんが、写真と写真を撮るという事について改めて考える時間にしたいと思っています。

山内悠写真展「夜明け」
富士山から望む奇跡の光景。雲の上の旅。2012年1月6日(金)〜1月11日(水)
スパイラルガーデン

LOST&FOUND
Family Photos Swept by 3.11 East Japan Tunami2012年1月11日(水)〜2月11日(土)
赤々舎

LOST&FOUND PROJECT