2014.01.03 Friday

記憶に残る展示

昨年12月に浅草のギャラリーPIPPOで開かれた「北原圭+菊地あゆ写真展」は、北原さんのモノクロ作品と菊地さんのカラー作品を上下に並べ、ギャラリーを一周するような展示方法でした。私はDMとポスター制作で参加しました。50点ほどの作品でしたが、見る順番を気にする事も無く、自由にぐるぐる回りながら見る事ができる展示は、フォトクラシックの山崎信氏のコンサルティングによるものです。2人の作品をあえて壁で分けずに上下で並べた山崎さんの展示の発想は新鮮でセンスがよく、ギャラリーの空間をまとめて作品を最大限に生かす方法だったと思います。

もうひとつ展示についての事を。PARIS PHOTOやTOKYO PHOTOで、展示のかっこよさが抜きん出ていたGalerie Camera Obscura(Paris)です。銀塩プリントにこだわる正統派でありながらモダンであか抜けた作品選びのセンス、額装と展示。何か特別変わった事や奇をてらった事は一切されていないのに、見飽きない。繰り返し見たくなる。何より作品が大切に扱われていると言う印象を持ちます。さりげないのに印象深い。それは写真を提案するということのお手本の様に見えました。

Galerie Camera Obscuraの展示を思い出すと、その現場では、いつも売約済みの印が目立っていた。展示の考え方、作り方は作家にとってのその後を左右するものかもしれません。

2014.01.02 Thursday

いつも富士山がそこに

どこにいても、いつでも、富士山が見えると嬉しい。必ず写真に収めている。なぜならそれが富士山だから。お正月なので、昨年iPhoneで撮った富士山自慢を。それから浮世絵師たちが描いた富士山の展覧会情報です。

 

「富士山の浮世絵 – 太田記念美術館収蔵品展 – 」

2014年01月03日 ~ 26日 太田記念美術館

広重を中心に、北斎や国貞、英泉、清親など、浮世絵師たちが描いた富士山を紹介。葛飾北斎「冨嶽三十六景」、歌川国芳「東都富士見三十六景」など、富士山づくしの展覧会です。

 

2014.01.01 Wednesday

新しい年のはじめに

明けましておめでとうございます。
なつかしくて新しいもの、ユーモラスで洗練されているもの。
毎日を生き生きとさせる、そんないいものを作る年にしたいと思います。
2014年もどうぞよろしくお願いします。

写真は上野動物園西園で飼育されている、ハシビロコウです。
自然が生んだデザインは斬新でユーモラス。姿はかなり奇妙ですが、ねずみ色の羽のグラデーションが美しく、意外にかわいいヘアスタイルです。
私は仕事で縁があり、よく動物園に行く機会があるので普通の人より動物を見ることが多いかもしれません。
考えてみたら、もう20年近く上野動物園と時には多摩動物公園に通っています。それは本当にしあわせなことだとつくづく思います。こんな奇想天外な生き物に度々会う事ができるんですから。
それから吉祥寺の井の頭公園と井の頭文化園も、私にとっては長い間、大好きな撮影の場所になっています。
動物を見ている時、植物に触れている時、その形や色に私たちはいつも驚くしかありません。
すべてのデザインは自然の中にあると言われて来ました。今年も自然に対して謙虚に、そして目を離さず、いつも身近に感じて過ごしたいと思います。

ハシビロコウ(嘴広鸛、学名【Balaeniceps rex】鯨頭の王と言う意味)エチオピア区の南スーダンからザンビアにかけての湿地に生息。 絶滅危惧II類(IUCN/国際自然保護連合)生息数は1000羽とも10000羽とも言われている。