2015.03.14 Saturday

旅と列車と写真と言葉

3/13日にBook Photo PRESSのFBのカバー画像を更新しました。懐かしい感じの食堂車の写真です。折しも13日は特急寝台列車の「北斗星」定期便のラストランの日。ニュースでその映像を見たのは夜ですから、それに合わせた訳ではないのですが、驚いたことにFBの食堂車の画像は、「北斗星」の食堂車そのものでした。(スタッフの高橋桂子が数年前に撮った写真の一枚)
こんなことってあるんだな、とびっくりしましたが、偶然、食堂車の画像を選んだのは、旅に出たい気分がシンクロしたのかも知れません。どこにでもあっという間に着いた、と感じる事が多くなったこの頃、旅くらいは超高速よりゆっくりと行きたい気分です。

列車の写真でもうひとつ思い出すのが、7年前に構成とデザインを担当した言葉と写真の本、「そのぬくもりに用がある」(言葉 サンボマスター・山口隆 写真 平間至/角川書店)の中の1ページです。
このページの写真に写っている「オハ24 702」という列車は昭和47年に登場し、昭和60年の改造を経て平成17年11月まで運行されていた、
関西-九州間の寝台特急に連結された指定席列車だそうです(すっかり鉄子)。平成17年というと、今から8年前ですから、写真家の平間さんは「オハ24 702」が現役で走っている最後の時期に乗っていたのかもしれません。列車の車体が水面のように光ってきれい。古い列車を励ますように美しく撮っている感じがします。

この写真に合わせた言葉は、サンボマスターの「想い出は夜汽車に乗って」の一節です。本の制作中に、一度見るのをやめて離れてみたことがあるくらいに、平間さんと山口さんの表現は濃くて強くて、1枚1枚に、一文字一文字に、汗や涙や大事なことを見つめる視点や、もう、すべてのことがみっちり詰まってせめぎあっている。イメージと言葉を組み合わせるのは、八割型、計算ではなく感性に委ねることになるので、度が過ぎると消耗します。
でも、このせめぎあいに辛抱強く向きあっていくと、その先で感覚が解き放たれるような体験をしました。何というか、そのイメージと言葉が一体になって、すっと私から離れるような感じです。

帯に入れる言葉を打合わせしていたとき、山口さんが口にしたのは
「さよなら、さよなら、さよなら、悲しい出来事」。ありきたりの宣伝用コピーではありません。彼がやっていることの目指すものが、くっきりと見えた瞬間でした。この本は、もう絶版になっているけれど、7年前よりも今の時代に添う本だったと、つくづく思っています。

二枚目の画像は、今でも好きな、カバーを外した表紙です。イメージは言葉を連想させ、言葉はイメージを引き寄せる。
とはいえ、言葉自体がイメージになって、ここではもう何も入り込む余地が無さそうです。そして言葉を寄せ付けない写真もある。これらを丁寧に見て行くことは、限りが無い表現の世界を知る、ひとつのしあわせです。

2015年、平間写真館開館、おめでとうございます 平間写真館

2015年、結成15周年、おめでとうございます サンボマスターFB

2015.03.11 Wednesday

Cover更新しました

Cover 03 高橋宗正さんの写真

高橋宗正さんの写真集、「スカイフィッシュ」( 2010年 赤々舎)刊行と同時に、当時清澄白河にあった赤々舍で写真展が開かれていました。ちょっと気になり、ふらっと見に行った作品は、私にとっては新しい時代の写真に見えて、目が覚めるような思いでした。思いがけず出会った、この若い写真家はこれからどうなっていくんだろうか、ずっと見て行こう、と決めたのでした。
「スカイフィッシュ」について言えば、写真全体のトーンは洗練されているし、構図も色調も見せ場も、全部上手に作られていると思います。そうなると、私の場合はセンスが良くてうまい写真だなと思って終わることがほとんどです。でも高橋さんの写真は、その裏の方か底か奥の方に、黙ってしんと静かにどこか一点を見つめているような視点があって、ともすると、そのまま少しずつ沈んで行ってしまうような、不安定な気持ちが漂っているように思いました。
写真から受ける印象や衝撃みたいなものは、本当に人それぞれです。私がこんな風に感じたのは、同じような心情をどこかに持っているからかもしれないし、ただ、そういうことがありそうだと、自分勝手な発見をしたつもりになっているだけかもしれません。

写真集の「スカイフィッシュ」というタイトルの文字は、相当軽やかにデザインされていて、一見、何だか楽しくて軽めな写真集とボクなんですよね、と言っているみたいです。でも、本当は見る人にある種の気軽さを感じさせようとしているだけで、軽さとは無縁、表面的な見え方とは裏腹にある写真が持つ印象と意味。これが今の時代を感じさせたのかもしれない、今になってそう思います。

トップページに掲載した写真は、遠近法を駆使して、ちょっと見る人をびっくりさせようと目論んだ、面白いシリーズの中の一点です。この「太陽を掴む男」は、実際できるはずが無いことを写真に撮ろうとしていて、少し子供じみて見えます。写真ならではの遊びが混ざっている。大人がまじめにこんなことしちゃって、と思う反面、本気で太陽を掴んでいると思わせるような、面白いだけではすまない写真だと感じています。写真に救われるということがあるとしたら、意外に、この写真のようなおかしさと強さが混ざっている、エネルギーのある写真かもしれません。

今日から丁度4年前に、東北で大震災がありました。今、高橋さんを語るには、普通に考えると写真洗浄の活動を中心に記録した『津波、写真、それから』( 2014年 赤々舎)に焦点をあてるでしょう。でも私は、そのことに費やした時間を糧に、乗り物を乗り換えるように、見たこともないものを撮りに行って欲しいと思うのです。