2017.01.14 Saturday

その時カメラを持っていたなら

いろいろな出来事が「写真を撮る」ということを意識させるものです。昨年、そろそろ秋にになろうとしていた頃にあったこと。

バス停に着くと、白い帽子をかぶった年配の女性がバスを待っていた。「さっき、行っちゃったのよ」と言われ、私は時刻表を見る。「あと5分足らずで来ますよ」。バスは5分もしないうちに来たので、「あー、来た。早く来たわねぇ。」とそのひとは喜んだ。バスが駅に着き、一番後ろの席に座っていた私が最後に降りると、とっくに降りていたそのひとがニコニコして立っていた。何も言わずに胸の前で小さく手を振っている。思いがけない光景に、つられて私も同じように小さく手を振る。ほどなく、半分顔をこちら側に向けたまま、さっと向こうに歩き出す。80歳に手が届くくらいのひとが、背中をピンと伸ばして、早過ぎない丁度いい速度で遠ざかっていく。白い帽子が小さくなるのを見ながら、ちょっと温かな気持ちになっていた。それは一日を機嫌良く始めるというお手本のようだったから。

 今、もしカメラを持っていたならば、必ずシャッターを切っていただろう。バスターミナルの高い屋根の下、朝の光が斜めに差し、輝きながらそのひとを縁取っていたのだから。iPhoneでは撮れない写真があるのだとこんな場面に遭遇してつくづく思い、そして素人ながら、写真にとっての光の存在を強く感じる。あたり前の日常の中に、写真を撮る喜びがこんな風にあることも。

2017.01.11 Wednesday

ヨーガンさんのこころ

ファッションデザイナーのヨーガンレールさんが不慮の事故で亡くなって2年。沖縄で穏やかな暮らしをしていた人がこんな風に居なくなってしまうものかと、大きなショックを受けたその少し後、ヨーガンレールのブランドで販売されている焼き物の小さな器を手にすることがあった。手のひらにすっぽり入る濃い緑の丸い器は、小さく素朴で育ち始めたばかりの蓮の葉のような自然の中にある形をしていた。聞くところによると、植物の実か何か自然の物を型に使っているという。それを見ていた時、ふいにヨーガンさんの自然に対する深い思いを知った気がして、ぽろぽろと涙が流れるという経験をした。同じ様なことが以前にもあったのを思い出す。それはいつだったか、羽田から関西の方へ向かっていた飛行機の窓から、驚くほど立体的な雲海を見た時に溢れ出た感情と似ていた。その時は、別れた人、会えるはずも無い遠い時代の人がそこにみんないるような気がしたのだった。

今考えると、私たちが当たり前と思って見ている自然の有り様と、それを深く思いやる人の心に触れて、驚きと感動がないまぜになったのだろうと思う。全く違う二つの出来事は、どこかで繋がっているような気がしている。沖縄の海辺に暮らし、浜に打ち上げられる漂流物をオブジェのようなランプの作品に仕立てていたヨーガンレール。ただ飾る為のオブジェではなく、明かりと言う役割を持たせたところにファッションデザイナーとしての仕事の責任と役割を見る。それは結果としてデザインを自然という大きな存在の中で役に立てている事のように思う。ヨーガンさんの自然とその不安を伴う変化に対する思いを考えると、こころが痛くなる。その思いのはじっこだけでも忘れずに掴んでいたいといつも思っています。

 ★十和田市現代美術館 http://towadaartcenter.com で、「On the Beach ヨーガン レール 海からのメッセージ」開催中 2016年10月08日(土) – 2017年02月05日(日)

2017.01.01 Sunday

2017年 明けましておめでとうございます

年の初め、心がワクワクする様な表現を白い紙にちりばめて束ねることから始めようと思います。

そして、必ずたくさんの楽しみを生み出す年にします。

今年もどうぞよろしくお願いします。