2017.04.09 Sunday

cover更新しました

Cover 08 石田榮さんの写真

こんな風に、私たちは笑えているのだろうか。写真集にするために2年間、幾度となく見てきた写真を前に、いままた改めて思います。石田榮さんの写真は、ただ懐かしい光景を見せてくれているだけではない。働くことの意味を、生きていくためなんだよ、と教えてくれる。

アマチュア写真家の石田榮さんの写真を初めて見たのは、2015年の6月、尼崎の居酒屋です。尼崎の写真イベント「アマバウ」に、写真評論のタカザワケンジさんと写真家の中藤毅彦さんがゲスト、写真研究の大澤友貴さんと私はトークの聞き手とコーディネーターとして呼んでいただきました。その晩の打ち上げの席で、石田榮さんの写真が居酒屋の座敷のテーブルに並んだのでした。

写真を見せる、見る、という場では、本来もっと形が整えられているべきだろうと思う。例えば黒いきれいなポートフォリオに美しいプリントが収められているというような。いつだったか、立派な桐の箱に入ったプリントも見たことがあるし、それはやり過ぎとしても、見る側は、そこに作家の美意識や写真に対する思い入れも感じることになる。きちんとしていることは、儀礼的と言うより見る側に対する礼儀とも思う。しかし、力を持っている写真には、入れ物など関係が無く、すっぴんで飾らない写真は、あっけらかんと裸のまま、にこにこして並んでいました。

石田さんは「うちで出してきたから色はダメだけど、こんな写真なんですわぁ」と言って、たくさんの働く人たちの写真を見せてくださった。ほんとだ、「うちで出したプリント」は確かに間違ったインクジェットの変な色だ。一緒に見ていた中藤さんと私は、うーん、この魅力的な写真をどうしたら良いだろうかと同じ事を考えていたはず。一言で言うと、見た瞬間に私はこの写真に一目惚れした。これらは居酒屋から外に出て、大通りを渡って本屋に並び、多くの人の目に届くべきだと思うと同時に、相当気が早いことに、きっとそうなるだろうと確信していました。

東京にプリントを持ち帰ってから一か月後、羽鳥書店の羽鳥社長と編集の矢吹さんに、出版の約束をしていただくことになります。何のつてもなく、写真を見ていただいたのにも関わらず。私はただ、石田さんの写真集の背に入るべき版元の名前は羽鳥書店だと、そう思ってドアをたたいただけだった。2016年の7月末に羽鳥書店から石田榮写真集「はたらくことは 生きること–昭和30年前後の高知」が刊行。10月には大阪・豊中にリニューアルオープンしたギャラリー176で写真展が開かれ、2017年4/11から、東京・築地のふげん社での写真展が実現します。これが石田榮さんの写真がたどった道です。

尼崎の居酒屋で、私は石田さん以外にも大阪や京都の写真をやっている人たちを知り、彼らは保守的に見えて、何だかアーティスティックな雰囲気を持っていて、これ未完成じゃない?と思うような写真でも、どんどんまとめて形にしていくというような、バイタリティがある気がしました。元々、アマチュア写真の中心は大阪にあったと聞きます。そんな底力を感じながら、何より写真を好きだという、楽しげで積極的な、その心意気をうらやましく思ったのを思い出します。

石田榮さんご本人と、その写真の力に引っ張られるように、応援してくださる方もどんどん増えて、ここまで来ました。本当にありがとうございます。この続きを今、妄想中です。石田さんの写真の旅は、まだまだ終わりませんよ。またどこか別の地で、この写真を見ていただきたいと思っています。どうぞお楽しみに。そして石田さんの応援をよろしくお願いします。

2017.02.09 Thursday

プリントが教えてくれる

植田正治さん自らが焼いた貴重なの銀塩プリント(モダンプリントは制作されていないそう)を見せていただく機会がありました。衝撃的だったのは、作家本人の指の形が印画紙のはじに焼き付けられていたことです。これはイーゼルから印画紙がはみ出していたためですが、その白い指の形の生々しさに暗室作業の時間が浮かび上がってきて、制作に向かっている作家の勢いが迫ってくるようでした。プリントはいろいろなことを教えてくれる物だなと、つくづく思うこの頃です。

暗室の時間は写真家にとっては全力を傾けるかけがえのないものです。デジタル作業が主流になっていても、写真をやっていこうとする若い人たちには、写真という物とのつきあい方を大先輩の姿から読み取ってほしい。今は実感できなくても、それほど遠くないある日、作品にも人にも必ず違いが現れてくると思います。

2017.01.14 Saturday

その時カメラを持っていたなら

いろいろな出来事が「写真を撮る」ということを意識させるものです。昨年、そろそろ秋にになろうとしていた頃にあったこと。

バス停に着くと、白い帽子をかぶった年配の女性がバスを待っていた。「さっき、行っちゃったのよ」と言われ、私は時刻表を見る。「あと5分足らずで来ますよ」。バスは5分もしないうちに来たので、「あー、来た。早く来たわねぇ。」とそのひとは喜んだ。バスが駅に着き、一番後ろの席に座っていた私が最後に降りると、とっくに降りていたそのひとがニコニコして立っていた。何も言わずに胸の前で小さく手を振っている。思いがけない光景に、つられて私も同じように小さく手を振る。ほどなく、半分顔をこちら側に向けたまま、さっと向こうに歩き出す。80歳に手が届くくらいのひとが、背中をピンと伸ばして、早過ぎない丁度いい速度で遠ざかっていく。白い帽子が小さくなるのを見ながら、ちょっと温かな気持ちになっていた。それは一日を機嫌良く始めるというお手本のようだったから。

 今、もしカメラを持っていたならば、必ずシャッターを切っていただろう。バスターミナルの高い屋根の下、朝の光が斜めに差し、輝きながらそのひとを縁取っていたのだから。iPhoneでは撮れない写真があるのだとこんな場面に遭遇してつくづく思い、そして素人ながら、写真にとっての光の存在を強く感じる。あたり前の日常の中に、写真を撮る喜びがこんな風にあることも。

2017.01.11 Wednesday

ヨーガンさんのこころ

ファッションデザイナーのヨーガンレールさんが不慮の事故で亡くなって2年。沖縄で穏やかな暮らしをしていた人がこんな風に居なくなってしまうものかと、大きなショックを受けたその少し後、ヨーガンレールのブランドで販売されている焼き物の小さな器を手にすることがあった。手のひらにすっぽり入る濃い緑の丸い器は、小さく素朴で育ち始めたばかりの蓮の葉のような自然の中にある形をしていた。聞くところによると、植物の実か何か自然の物を型に使っているという。それを見ていた時、ふいにヨーガンさんの自然に対する深い思いを知った気がして、ぽろぽろと涙が流れるという経験をした。同じ様なことが以前にもあったのを思い出す。それはいつだったか、羽田から関西の方へ向かっていた飛行機の窓から、驚くほど立体的な雲海を見た時に溢れ出た感情と似ていた。その時は、別れた人、会えるはずも無い遠い時代の人がそこにみんないるような気がしたのだった。

今考えると、私たちが当たり前と思って見ている自然の有り様と、それを深く思いやる人の心に触れて、驚きと感動がないまぜになったのだろうと思う。全く違う二つの出来事は、どこかで繋がっているような気がしている。沖縄の海辺に暮らし、浜に打ち上げられる漂流物をオブジェのようなランプの作品に仕立てていたヨーガンレール。ただ飾る為のオブジェではなく、明かりと言う役割を持たせたところにファッションデザイナーとしての仕事の責任と役割を見る。それは結果としてデザインを自然という大きな存在の中で役に立てている事のように思う。ヨーガンさんの自然とその不安を伴う変化に対する思いを考えると、こころが痛くなる。その思いのはじっこだけでも忘れずに掴んでいたいといつも思っています。

 ★十和田市現代美術館 http://towadaartcenter.com で、「On the Beach ヨーガン レール 海からのメッセージ」開催中 2016年10月08日(土) – 2017年02月05日(日)

2017.01.01 Sunday

2017年 明けましておめでとうございます

年の初め、心がワクワクする様な表現を白い紙にちりばめて束ねることから始めようと思います。

そして、必ずたくさんの楽しみを生み出す年にします。

今年もどうぞよろしくお願いします。

2016.12.25 Sunday

cover更新しました

cover 07 関谷のびこさんの写真

カメラを通して見えた世界がファンタジーになればいい。そう思ってシャッターをきる。と写真に対する思いを語る関谷のびこさんは、デビューしたばかりの期待の新人写真家。映画や絵画の世界に入ってしまったのではないかと思うような光景を、独特の色彩感覚で写真にしています。ごく普通の風景の中に偶然に、または必然に光る何かが現れて写真に定着されている。それは彼女だからこそ発見できる瞬間なのかもしれません。

正直に言うと、初めて作品を見た時、あまりに明るくふわふわと幸せ感にあふれる彼女の写真の世界観を、素直に受け入れて良い物かどうか迷いました。しばらくして、この夢みたいな世界は、深刻な出来事が少なくは無い、視線の先に不安感が見え隠れする時代だからこそ、不足している大切なイメージのように思えてきました。人を幸せにできる写真があるとしたら、間違いなく関谷さんの写真がそのひとつであり、作家本人が誰かを幸せにしたいと思いながら撮っている贈り物のような写真なのだと思います。

 

2016.10.10 Monday

cover更新しました

Cover 06 ミズカイケイコさんの写真


このりんご園の写真が好きだ好きだと言い続けている。撮影地が青森と聞いたせいかもしれないけれど、この写真には豊かなことや気持ちの良いことが、いろいろたくさん詰まっているように思うから。以下、ずいぶん前にミズカイさんのことを投稿しているのを思い出して、下に貼り付けてみました。今も同じように思っています。

2011年の新年のトップページにミズカイケイコさんの樹の作品を掲載した。新しい年にぴったりな、気持のよい風が吹く、いい予感がする様な写真。それまで見て来たある種の甘い雰囲気がある作品とは違っていて、より対象をきちんとしっかり見つめようとするまっすぐで真摯な姿勢を感じた。それは写真を撮って行こうと決めた人の強さなのかもしれないと思った。あれからすぐに東北で大震災があり、ミズカイさんとは小さなグループを作り、その支援活動で協力し合う関係になった。

写真の一番の面白さは、撮る側の心身と被写体がどこかでつながっているところにあると思う。このリンゴの樹の作品は私の仕事場に飾ってあるのだけど、目に留めた人から必ず「誰の写真?」と聞かれる程の人気者だ。だんだんと甘さに強さが加わって、現在進行形でミズカイさんらしさが作られつつあるのだろう。誰しもが何となく惹かれる写真や絵画は、こんな両極にあるものがうまく混じり合っているものかもしれません。

 

■写真展のお知らせ■ 2016年10月21日(金)~2016年11月3日(木・祝) 富士フイルムフォトサロン スペース2で[ミズカイケイコ写真展「 Self 」― カメラの前の自由な人たち ―]開催です。長尾はDM、撮影スポットのデザインを担当しました。

2016.01.01 Friday

新年から始まる新しい事 その2

みなさま、明けましておめでとうございます。

昨年はいろいろな方とお会いして、新鮮な刺激を受ける一年でした。東京・西荻のギャラリー蚕室のオーナー小沢典子さん。ガラス作家でもある小沢さんは、作家が展示をする場所を作ることが目的で、ギャラリーを運営していると言う、作家でありながら、それを支えるギャラリストの立場を実行している方です。その小沢さんの強い思い入れとともに紹介していただいた方が、カレンダーとノートを作る事になった画家の三星玲子さんでした。

エディション・ノルト(edition nord)というデザインと出版の会社を運営している新潟在住のグラフィックデザイナー、秋山伸さんと、奥様の堤あやこさんとの出会いもありました。堤さんは、六日町の雑貨店兼ギャラリーポンコタン(poncotan)を経営されています。今年は2月に初めて中藤毅彦さんの展示を見にポンコタンへ、9月にエディション・ノルトとポンコタンが運営する大地の芸術祭のカフェシアンと川俣正さんの展示へ行きました。秋山さんと堤さんのことは、是非こちらDOT Place のインタビューを読んでみてください。 新潟という土地で地に足の着いた自分たちらしいやり方を実践されている事は、理想的ですが、デザインという仕事においてはなかなかハードルが高く、それをクリアしているお二人を本当に尊敬しますし、どこか羨ましくもあります。9月、芸術祭の帰りに寄った南魚沼の澄んだ空気と水は、今まで知らないものでした。そして制作の場所を選ばない、秋山さんの挑戦的で先鋭的なグラフィックデザインは、ご自身がアーティストである事に違いないと思っています。

Book Photo PRESSでは画家の今井ちひろさん、写真家の松谷友美さん、書家の華雪さんとも度々ご一緒する機会がありました。今井さんも松谷さんもたくさんの展示をされて、着実にそれぞれの表現が力を増していると思います。華雪さんは、書も篆刻も文章も、そしてお料理まで実力を認められている現代美術の世界で書家として活動されている作家です。1月11日まで青森県十和田現代美術館で開催されている「高橋コレクション」の所蔵作品作家のひとりとして、展示に参加されています。 1/10には、書き初めのワークショップが、1/11には華雪さんとコレクターの高橋源一郎さんのクロージングイベントが開かれます。私は華雪さんの書がとても好きで、特に言葉を繰り返し書いたり、詩の一部分を書いた様な書に惹かれます。説明すると、文字が連なる事でそこに言葉の意味が雰囲気を作る、というような感じを強く受けています。

そして、NPO法人LIFEKNITの編み物作家、横山起也さんとも楽しく個性的な編みキノコのブックを作りました。編み図なしでイメージを形にしていく事の面白さを教えていただけたらと、編み物のワークショップも考え始めました。今後は横山さんのNPO法人の代表としての活動も考えられているとの事、来年一年間、全国のキャンプ場での編み物ワークショップが計画されているそうで、それもどんな展開になるのかとても楽しみです。Book Photo PRESSでは、今年10月からの直販の売り上げから10%をLIFEKNITへの寄付に充てる事にしました。この事は、近々詳しくご報告いたします。

6月に尼崎で開かれた写真イベントAMABAWで、アマチュア写真家 石田榮さんと、ニッコールクラブ大阪支部の宮崎豊さんを、ご紹介いただきました。石田さんが昭和20年代の高知県で働く人たちの姿を5年間取り続けた写真を、5月頃を目標に写真集として刊行します。歴史的に日本のアマチュア写真の中心とも言える大阪で、作品もお人柄も魅力的な石田さんに出会えた事は、写真に関わりを持っていてよかったとつくづく思う出来事でした。
石田さんの写真集の事は、今後FBで随時お知らせしていきます。

昨年はデザインや建築に関わる非常に残念な話題がありました。でも、まじめに取り組む人が作品を作り出す過程と作り出されたものは、そうそうやわではありません。それを身をもって知っている人は、これからも同じように自分の仕事を続けていくのみです。
今年始まる新しい事と、幸いにして出会った方の事を書いていたら、今、何か新しいものを作り出さないではいられないという気持ちになりました。希望をもち、きっと良い年にします。2016年もよろしくお願いします。(長尾敦子)

写真は、大分空港から別府へ向かうバスの中から。iPhoneには国東市安岐町下原と出ています。写真を撮る時に光ばかり撮っている事に気づいて、太陽の光そのものの美しさを撮れたら良いなと思っています。今年はまたフィルムで撮影しようと決めた写真愛好家です。写真は楽しいですね。

2015.12.31 Thursday

新年から始まる新しい事 その1

四苦八苦しながら、一年間Book Photo PRESSという名で作家の方と一緒に、アーティストブックやノートを作って来ました。でも、まだ数が少なく、まだまだ勉強不足。来年は体力をつけて、たくさんの個性的な作家を知ってもらうきっかけを作りたいと心の底から思っています。
そんな中、幸運な事に来年1月からパナソニック汐留ミュージアムで、Book Photo PRESSが制作するアイテムを販売する機会を得ました。「世界遺産キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々」の2ヶ月の会期中、版画家の杉山啓子さんの作品を使用した紙のアイテムを制作させていただきます。このことは、Book Photo PRESSでやろうとしている事にイメージがぴったり合います。

そもそもBook Photo PRESSを始めた理由は、作家と一般の方をつなげるための媒体を作る事でしたから、それがミュージアムショップと言う場所で展開されるのは、求める人と 求められる人が出会う理想的な状態です。美術や写真といったアートが好きな人たちが集まり、小さな作品のかけらを買っていってくれる。かけらはとても広範 囲に散らばって行き、持ち主の毎日の中での小さな楽しみのひとつになるとしたら、それは作家と作品に取って本望なのではないかと思います。そんな一人一人と密接に関わって、わくわくする様な感情や心地よい刺激を生み出すのも、アートが担っている役割のひとつだと思います。
自分の作品が、例えばポストカードの一枚になる事をどう思うかは作家それぞれの考え方ですが、作品を知ってもらうため、楽しんでくれる誰かのために、小さくてもいい形を模索していくのも必要な事だと考えています。Book Photo PRESSでは、できる限り質の向上を図って、作家と作品の存在が素晴らしい形で人の手に渡るように進めるつもりです。
好きな作家と作品に関わる事は至上の喜びです。悩みながらも、何て楽しい事を始めたんだろうかと、幸せに思っています。このいい感覚を紙にのせて皆さんにお届けできるよう、来年も楽しみながら奮闘します。どうぞよろしくお願いします。(長尾敦子)

写真は鳥取の植田正治写真美術館の帰りに泊まった、皆生温泉の早朝の浜辺です。対岸には風力発電のたくさんのシルエットが。その空と海に山陰の複雑で繊細な色調が広がっていました。何とも言いがたい清冽な雰囲気に希望を見た様な気がしたのを覚えています。新しい年もこんな朝が来ますように。

2015.09.24 Thursday

cover更新しました

Cover 04 橋本とし子さんの写真

今年の6月に六本木AXISで開かれたフォトマルシェで、大好きな橋本さんの写真を2点購入しました。その一点がこの月と海。(もう一点のモノクロの作品はBook Photo PRESSのFacebookで、写真の飾り方のひとつとして紹介しています。)実はかなり前に、この写真と同じような夢をみたことがあります。夢の中では水平線の船がくるくる回っていました。そして海に背を向けて浜を歩いて行ったら大きな幕が吊ってあり、夜の海は舞台だったという落ち。その頃、ビデオでフェデリコ・フェリーニの「そして船は行く」という映画を見たせいかもしれません。

サイトに掲載する文章をお願いした時に、橋本さんはこんな事をメールに書いてくださった。「自分の写真と、今自分を取り巻く状況との乖離(かいり)を感じています。ただ、それも私の中のひとつの真実であったと思い、あのような文を書きました。」橋本さんは、あの夢のような風景は本当の事だったのだろうか?と思わざるをえないような不安な時代であると強く感じているのでしょう。同じように感じているのは私も一緒です。ここのところ、誰の心にもじわじわと不安感がわいていて、残念ながら、のん気にしていられる世の中ではなくなった。しかし、そんな状況にあっても、発見する目さえあれば美は間違いなくいつでもそこにあって、どんな時も私たちを潤してくれるものには違いない、とそう思っています。夕焼けや虹を目にして、一瞬でもそれに心を奪われない人はいないはずですから。

橋本とし子さんはこれからも美しく大切な何かを発見して、それを写真にして行かれることと思います。うっとりと見とれてしまうような、この海と月の写真は、今はいつも目に入る場所に飾って楽しんでいます。

「本と写真」の表紙は、森と動物、雪の山と湖、太陽と人、今回の月と海、というように、写真の力を借りて、いつの間にか自然を巡っていました。まっすぐにその意味が伝わるのは、写真の得意とするところです。今までよりも、もう少し意識的に、その写真の得意技を生かす事をいろいろな面で考えたいと思っています。