Book Photo PRESS

2018.07.18 Wednesday

高知のいい話・石灰山から生まれたワイン

石田榮写真展を見にきてくださった方の中に、撮影地のひとつである稲生の石灰加工会社の方がいらっしゃいました。
井上石灰工業株式会社の井上孝志社長です。

「父の時代にあったうちの社屋です。こんな写真が撮られていたことが嬉しいです。」と石灰山を背景にした写真を指差し、
旧知の仲のように石田さんと稲生の話をされていました。
自然農法にも適合する石灰を原料とした農薬を生産する井上石灰工業は、ぶどうの生育にかかせない石灰を生かし、
山梨のぶどう栽培の専門家の協力で、「TOSAワイン」ブランドを展開しています。
地場産業を生かしつつ、大胆な発想をするのは、高知の人が持つ才能かもしれません。

石田さんが撮影していた60年以上前の石灰山の姿は、ずっと写真の中にあり、今の時代と人を繋げています。