Book Photo PRESS

2018.07.18 Wednesday

高知のいい話・50年ぶりの再会と新しい出会い

石田榮さんを囲む会の日に来てくださった、たくさんの方々。
石田さんがかつて勤めていた会社の当時の社長のひ孫さん。
香南市で地元の歴史的な建物を活用していく活動をされている、若い女性です。
書店で見かけた写真集の中に、会ったことのないひいお祖父さんの姿を見つけ、訪ねて来てくださった。

高知の森林鉄道で知られる寺田正さんの息子さん。
かつて写真クラブ「ソニアフォト」で石田さんは寺田正さんより熱血指導をうけていました。
石田さんの写真の基礎が鍛えられた時代の恩師です。

ひっきりなしにお客さまがいらっしゃる7日間は、180人近い方が来場してくださいました。
中には石田さんに会うため三度も足を運んでくださった方も。
会社員時代にお付き合いのあった取引先の方とは、まるで50年前の続きのような話ぶりで、
耳が遠いはずの石田さんがごく普通に会話していらっしゃった姿を皆んなで見守っていました。
そんな7日間でした。

写真を撮るとは、ものごとや人との繋がりを確認するためのひとつの手段なのではないかと、今そんな事を思っています。
17日に石田榮さんの写真展が無事終了しました。
ご来場くださったたくさんの皆さま、ありがとうございました!