Book Photo PRESS

2018.07.19 Thursday

高知のお礼と、次の写真展のこと

石田榮写真展「はたらくことは 生きること〜昭和30年前後の高知」
GALLERY E での7日間、ありがとうございました。
石田榮さんはじめ、私たち全員から心よりお礼申し上げます。

念願の高知での写真展開催で、写真を里帰りさせてあげる事と、高知の皆さんにみていただく事が叶いました。
写真家でGALLERY Eの岡本明才さん、元高知県立美術館 学芸員で大原治雄展も手がけられたキュレーターの影山千夏さん、
高知新聞の松田さやかさん、そしてたくさんの高知の方々、遠方から駆けつけてくださった方や、
気にかけてくださった方にも感謝の気持ちでいっぱいです。

高知の人はあっさりしているようで、実は驚くほど面倒見が良く、さり気なく熱い。熱々。
こちらのやる気さえあれば、とにかく全力で応援してくださる頼もしい方たちです。
厳しい豪雨のおさまった日から、はたして写真展のために四国に行くことが正しいのかどうか迷いましたが、
皆さんの何とかなる、と言ってくださる言葉を頼りに、雨が上がり晴れたことも石田榮パワーだと思い高知へ向かいました。
行きの飛行機から間近に見えたいく重もの大きな虹も忘れられません。
そして、すべて予定通りに写真展開催の準備ができたのでした。

高知の展示を終えてほっとひと息ついていますが、
実はそう遠くないうちに、なんと東京での写真展の提案を頂きました。
予定は来春、詳しいことは秋が始まる頃にお知らせできると思います。
その朗報に加えて私たちの大先輩は、これからも写真を撮り続け、
99歳になった時、新作で写真展を開くことを約束してくださいました。

石田榮さんの写真と、それを見守る私たちの写真との関わりは、まだまだ続きそうです。
石田さんにまつわる出来事は、場所と人をどんどん繋げて行くすごさがあります。
皆さんもご一緒に楽しんで行けたら、これ以上嬉しいことはありません。
これからもどうぞよろしくお願いします。
(石田榮さんの会・宮崎 豊、杉あつよを代表して。長尾敦子)