Book Photo PRESS

2017.03.07 Tuesday

『植田正治作品集』出版記念写真展 「もうひとつの風景」始まります

植田正治写真展+作品集+たのしいトート+2018カレンダー。
皆さんに楽しんでいただける写真展、明日から始まります。
Book Photo PRESSでは、今回の展示のDMとポスター、カレンダーを制作しました。

—————————————————-

『植田正治作品集』出版記念写真展 「もうひとつの風景」

日時:3/8(水)〜4/8(土)→ 4/15(土)まで会期延長になりました
場所:Books and Modern (東京・乃木坂)
※時間、お休みなど詳細はギャラリーHPをご確認ください

—————————————————-

写真展の搬入も無事に終わり、貴重なオリジナルプリントが並びました。
「3サイズ×4イメージのトートバッグ」と「 2018 SHOJI UEDA カレンダー」が、作品集とともに並びます。
明日は19時からオープニングパーティーもありますので、皆さま是非お出かけくださいね。
明日から1ヶ月、植田正治の作品をどうぞお楽しみください。

 

2017.03.04 Saturday

植田正治作品を身近で楽しむ企画、進行中です

『植田正治作品集』出版記念写真展 「もうひとつの風景」 3/8(水)−4/8(土)
東京・乃木坂のBooks and Modernにて来週から始まるこの写真展は、貴重なオリジナルプリントの展示と、
植田正治の集大成とも言える『植田正治作品集』をメインに、2018カレンダーやトートバッグも並びます。
カレンダーは表紙の裏側に5月から今年いっぱい飾っていただける8ヶ月のおまけ付き。
新作トートバッグも何と、3サイズ×4種類お目見えします。
生誕100年を超えた写真家の洒落た感性は、親しみを感じるだけでなく、とても独創的。
独特の絵作りがされていて、写真で絵を描いたり、実験をしているみたい。
そんな見方をするとやみつきになる作品たちです。
3/8(水)はオープニングパーティーもありますので、お気軽にお出かけください。

 

2017.03.01 Wednesday

写真の飾り方は自由に

植田正治作品集出版記念写真展が近づいたので、仕事場の玄関先に植田正治の小さな作品と
写真展のDMを一緒に置いて、ミニミニ植田正治コーナーを作ってみました。
写真をこんな風に気楽に自由に飾って、毎日ニンマリしてます。
3年前に渋谷のアツコ・バルーで開かれた101年目の植田正治写真展「軌道回帰」で、1枚の小さな作品を買いました。
1986年に1000部限定の私家版でつくられた写真集
(無綴じのシート62葉が3冊のポートフォリオに収められている)の中の1枚です。
手が届く値段がついていたので迷い無く購入。
そうは言っても植田正治ファンとしては初めての作品購入、嬉しくてドキドキです。
後で受け取りに行った作品には、作品集「軌道回帰」にサインと並んでいたものと同じ落款が赤く捺されていました。

…『軌道回帰』という題名は、昨今のセミプロ的撮影を離れた、
昔のアマチュアとしての撮影を楽しんだ、というつもりの名称です。(植田正治)…

ファッション写真などで人気を博した写真家が初心に帰るために撮った作品は、
とても私的で情緒があふれ、少し寂しく美しかった。
ふと最晩年の作品を思い出しました。これは見入ってしまったカラーの写真。草むらの端っこでしょうか。
見ていると静かな気持ちになります。

植田正治作品集出版記念写真展「もうひとつの風景」
3/8(水)〜4/8(土)東京・乃木坂のBooks and Modernにて

2017.02.18 Saturday

植田正治写真展の準備が始まります

植田正治作品集出版記念写真展「もうひとつの風景」3/8(水)〜4/8(土)
東京・乃木坂のBooks and Modernにて

『植田正治作品集』(河出書房新社)の出版を記念してオリジナル銀塩プリントの写真展が開かれます。
長年の植田正治作品のファンとして、この展覧会に関われる事は本当に嬉しく、
また改めて一連の作品を見直したい気持ちが高まりました。
会期間中、金子隆一氏(写真史家)と 飯沢耕太郎氏(写真評論家)のトークイベントも企画されています。
作品集とともに、皆さまに楽しんで頂けるカレンダーや新しい柄のトートバッグも企画され、
冬期休館を終えて3/1に開館される鳥取の植田正治写真美術館でも販売予定。
皆さま、どうぞBooks and Modernでの写真展へお出かけください。


BPPではDM、ポスターのデザインをさせていただきました。