• 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08
  • 09
  • 010
  • 011
  • 012
  • 013
  • 014

09 薄紙の本1,2

book09_01 book09_02 book09_03 book09_04 book09_05
フランスの写真専門の出版社から発行されている定期刊行物の一つです。

この本は、どうやって説明すると正しく伝えられるのか、しばし考えてしまいました。まず、紙がとても薄い羽のようです。厚さは15kg程度。(kgという単位は、一定寸法のサイズの紙を1000枚束ねたものの重さが使われています)柔らかいトレーシングペーパーといった感触です。VIS A VIS MUSEUMという題名がつけられたシリーズで、薄い手帳サイズの本というよりは冊子のような写真集。写真が好きな人向けでありながら、写真と文章を合せて構成されたごく趣味的な内容です。植物に関係する内容なので、自然史博物館で扱っていたのでしょう。
モノトーンの写真と言葉14組で構成され、「木・森にかかわるテキストとともに近代写真を紹介」と書いてあります。写真も言葉もすべて違う作家の作品なので、この薄い本に28人の写真家と作家が関わっている。薄くて軽いのに、実はとても贅沢な本です。
いつか読んだ写真関係の本の中で、写真は言葉に頼ってはいけない。それは真の写真ではない。と書いてあったことを覚えています。ここで言われる「言葉」は文字という意味で、説明であったり題名であったりするのだと思います。確かに芸術的な作品は、その存在のみで成り立つものであるべきだと思いますが、そう考えながらも写真と言葉が隣り合わせた時の響き合いにずっと関心を持っています。リアルな写真と抽象的な詩の組みあわせ。または、その逆。見た人それぞれの感性に任された、自由なイメージの世界が広がる魅力があると思います。以下、テキストの内容をいくつかご紹介します。

(訳:手塚雅美)

L’Arbre et la Forêt(木と森)-----------------------------------------------------

テキスト Federico Garcia Lorca フェデリコ・ガルーシア・ロルカ/写真 Giuseppe Beniamino Terraneo ジュゼッペ・ベニャミーノ・テラッネオ

詩を聞いてごらん

ヤナギの間を流れる水

羽根のない鳥が

木の間で迷子になっている

テキスト 紀貫之/写真 山本陽子

今年より

春知りそむる

桜花

散ると言ふことは

ならはざらなむ

(古今和歌集)

テキスト Paul Verlaine ポール・ヴェルレーヌ/写真 Pierre Michaud ピエール・ミショー

ご覧になって下さい

果物と葉っぱと枝です

それから私の心臓

君のためだけに動いています

君のその白い手で引き裂かないで下さい

君のその美しい瞳を見るだけで

つまらない日常が穏やかになるのです

テキスト Antoine de Saint-Exupery アントワーヌ・ド・サンテクジュペリ/写真 Vincent Besnault ヴァンソン・ベスノー

...星の王子様が住む星には恐ろしい種があったんだ...

バオバブの木の種さ

この種が星のあらゆるところに撒かれたんだ

バオバブの木っていうのは一度育っちゃうと二度と抜けない

星を覆い尽くしちゃうんだ

根が伸びたら星に穴を開けてしまう

小さな星に
バオバブの木が生えすぎたら

星は爆発しちゃうんだ...

L’Herbier(押し葉)-----------------------------------------------------

木と森の本と一緒に買ったシリーズの一冊。「押し葉写真に合わせて、俳句調のテキストを制作」と書いてあります。

「俳句調」とありますが、フランスでは松尾芭蕉の研究者がいるほど、俳句表現が受け入れられているようです。もともと詩の国ですから、言葉の世界は柔軟性を持って大きく広がっているのでしょう。抽象性のある言葉の連続に何をイメージするか。隣の写真が無関係でない事は、間違いないと思います。以下、テキストの内容をいくつかご紹介します。

-------------------------

陰のある女

この地球は大して力のない母である

-------------------------

髪を切った彼女

春が来る一日前に

どんな秘密があるのですか

-------------------------

春がきて

欲望は風に乗って去って行く

-------------------------

森をさまよう

無数の涙

夏の訪れを拒んでいる

-------------------------

しずく型の葉

緋色のしぶきを上げ

レモンの上に落ちる

-------------------------

私の押し葉

イメージと詩でできた

夢の樹液

-------------------------

雨が降って

オーロラを連れ去る

秋がやってくる

-------------------------

小さな泡

気まぐれに突然押し寄せる風

-------------------------

私が眠くなるのを待って

積雲のかたまりが

私の影を奪って行く
題名 VIS A VIS MUSEUM / L’Arbre et la Forêt(木と森)
題名 VIS A VIS MUSEUM / L’Herbier(押し葉)

出版社 Vis A Vis International www.visavisphoto.com/index-new.html

サイズ 170×100
購入した時期 2000年頃
購入した場所 Museum National d'Histoire Naturelle - Grande Galerie de l'Evolution
フランス国立自然史博物館 - 進化大陳列館売店