本と写真
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • 08

01 小林紀晴

小林紀晴
ここ6年ほど集中して八ヶ岳に登っている。僕はその裾野で生まれ育ったから、
登ることは一歩一歩自分自身に近づいて行くような感覚がある。
この写真は一昨年の秋に撮った。赤岳鉱泉の近くで、山中で鹿に出会った。
カメラを向けてもしばらく逃げることもなく、目が合ったままだった。
いま僕は次の写真集の準備を進めている。とはいえ、ほとんどのことが未定の段階だけど、
鹿の存在が全体の重要な役目を担っていることだけは間違いない。